価格高騰の続く石油と穀物

価格高騰の続く石油と穀物

米国の金融緩和策を背景に発生した大量の余剰マネーの流出入が原油価格などを乱高下させ、コモディティ(商品)相場を騒がせている。

 

長期的な視野でみれば、有力新興国の台頭による需要増加という構造的な要因によって、原油、穀物、金などの国際商品価格は全般的に上がっていく流れにあるとみる。しかし、各商品市場の取引規模はそれほど大きくないため、投機マネーが集中して流れ込んだり、流れ出たりすると、値動ぎがかなり激しくなるので要汪意だ。

 

特に現在のような先行き不透明な世界経済情勢のもとでは、少しでも有利な投資先やリスク回避先を見つけると、市場にあふれたマネーが集団的に同じ方向に移動してしまう。ちょっとした材料でも即座に商品価格は反応するのだ。価格が上がるような材料が出れば、オーバーシュート気味に上昇していき、逆に下がるような材料が出れば著しく急落する。

 

原油価格が今年に入ってからIバレル=100ドル付近の高値へと上昇してきた理由として、@中国やインドなどの有力新興国での原油の消費の増加、A米国の量的金融緩和第2弾(QE2)による余剰マネーの原油先物市場への入、B産油国である中東・北アフリカ地域の政変・政情不安による原油の供給不安の高まり、の3つの要因の重なび合いが指摘できる。

 

供給面で今後のカギを握るのは世界最大の産油国サウジアラビアにまで政変、民主化要求のデモが広がるかどうかだが、個人的にはその心配はないとみている。緊迫するリビア情勢の方向性が見えてくれば、原油価格も落ち着きを取り戻すだろう。

 

大豆やトウモロコシ、砂糖、コーヒーなどの市場でも全般的に価格が上昇している。個別でみると、供給国の天候不順や一時的な生産の滞りなどが材料になっているだけで、決して在庫が底をつきそうなわけではない。小麦価格在高騰している。昨年の猛暑の影響でロシアでは小麦がほとんど収穫できず、さらに豪州など他の小麦輸出国が異常気象の打撃を受けた。需給が逼迫していることは確かだが、そこに投機的な思惑を持つ余剰マネーが流れ込み、価格変動がより増幅されている側面がある。

 

このほか、原油価格の上昇を受け、バイオ燃料などの需要も高まっている。ブラジルでは、バイオエタノールの原料としてサトウキビが栽培されており、食料用が不足する事態にもなっているという。現在のようなマーケットではCFDFXなどもいいように思います。

年内は過剰流動性に翻弄される相場に

金価格は実需面も含めて長い目で見ると、まだ上がり続けるのは間違いないだろう。1トロイーオンス=1500ドルでも十分に高いと思われるかもしれないが、今後、2000ドルまで短期的に上昇しても不思議ではない。その時期がいつ到来するか否かは、欧州の財政問題、米国の不景気や超低金利政策がいつまで続くか、また、原油価格や一般的な物価の上昇の行方など様々な要因に左右される。現在の金価格の高値圏での推移に最も強い影響を与えているのはドル安懸念だが、インフレ懸念が収まらない限り、金への逃避はなくならないだろう。

 

金以外の貴金属市場にも余剰マネーは流入しているが、プラチナや銀、パラジウムなど金以外の市場規模は極端に小さい。何らかの材料で上昇するのも下落するのも、金相場以上に速く、値動ぎが激しくなりやすい。今後の商品価格全般の行方を見極める上で重要なのが、「いつ米国の過剰流動性が解消されるか」とい弓点である。QE2は6月末で終了Tるが、事実上のゼロ金利政策は当分の間、継続される見通しだ。

 

実際に出口戦略を模索するようになるのは、早くても来年の半ば以降になるだろう。少なくとも今年いっぱいは、過剰流動性に翻弄される不安定な相場が続くと思われる。

米国株の上昇、これを受けたシカゴ日経225先物は9500円を超えてきており、 この流れによって本日のメジャーSQ(先物・オプション特別清算指数算出) は上方で決まる可能性がある。日経平均は9550円辺りにテクニカルでの強い 抵抗帯があるため、結果的にはSQ値が上値抵抗として意識されることになる。 週末要因もあって積極的な売買が手控えられる可能性があるため、コア銘柄 から材料系や中小型株への物色の流れが一段と強まりそうである。